住宅

同じ新築でも注文住宅と分譲住宅は何が違う?それぞれの特徴とは?

分譲住宅を選ぶ時のポイント

選ぶ

分譲住宅は、注文住宅と比べて価格が安い反面、購入した後に後悔したという事例があります。
そのような事態にならないためには、分譲住宅を選ぶ際に気を付けるべきポイントを抑えておく必要があるでしょう。

希望する優先順位をつくり、それに合う物件を選ぶ

分譲住宅と注文住宅の最大の違いは、自分の希望通りに近い家かどうかということではないで
しょうか?
だからこそ、自分が希望する条件をランク付けし、優先順位から購入を決めるという方法が
良いでしょう。
また、そのためにはもっと良い条件の家が出てくるのを長く待つのではなく、ある程度期間を
決め、この月までには見て回った物件の中から決めるという姿勢も重要となってきます。

環境のチェック

日当たりや風遠し、道路の幅や位置、町内会、最寄りの駅や学校・病院などの公共施設、治安など、住みやすい環境かどうかもしっかりと
チェックしておきましょう。付近に工場が立ち並んでいたり、商業地域では騒音やニオイなどの問題もあります。

購入後のアフターメンテナンス

分譲住宅であっても注文住宅であっても、定期的なメンテナンスは必須です。そのため、建売会社のアフターメンテナンスにも注目しましょう。
定期的なメンテナンスのアフターフォローが充実しているかを把握することも大切です。

新着情報一覧

  • 分譲住宅は値引きできる?

    分譲住宅は、注文住宅と違って値引きできないと感じている人も少なくありません。しかし、ポイントを抑えておけば値引いてくれる可能性もあるのです。…

    値引き交渉

    続きを読む

  • 「建売条件付宅地」とは?

    分譲住宅を探していると、「建売条件付宅地」という文言の記述がある場合があります。もし購入を視野に入れた物件にこの建売条件付宅地という記載があったら、その条件や内容を…

    分譲住宅

    続きを読む

TOP