住宅

同じ新築でも注文住宅と分譲住宅は何が違う?それぞれの特徴とは?

「建売条件付宅地」とは?

分譲住宅

分譲住宅を探していると、「建売条件付宅地」という文言の記述がある場合があります。
もし購入を視野に入れた物件にこの建売条件付宅地という記載があったら、その条件や内容を
しっかりと把握しなければなりません。

条件が付いている土地

建売条件付宅地は、土地の売主が付けている条件で、不動産のプロが主導権を握って
契約に関する話を進めていくことになります。
建売条件付宅地の条件とは、土地の売主が指定する建築業者と一定期間内に建築契約することで土地を売るという内容です。
つまり、不動産会社が建築業者(ハウスメーカー)を決め、一定期間内に請負契約するという
ことになります。
請負契約は、建物を建てることを約束するという契約のことです。
簡単に言ってしまえば、土地のみを購入するということになるのです。
建築業者にこだわりがあったり、建物の金額を考えると指定されることが厳しいと感じる場合があるので注意が必要です。

条件が満たされなければ白紙に

金額が合わず、売主が指定した建築業者と請負契約を結ばなかった場合や、プランがなかなか折り合わず、一定期間を過ぎてしまった場合は、
条件が満たされていないため白紙となります。
そうなると、支払った手付金や土地の費用はそのまま返ってきます。違約金や損害金は発生しません。

新着情報一覧

  • 分譲住宅は値引きできる?

    分譲住宅は、注文住宅と違って値引きできないと感じている人も少なくありません。しかし、ポイントを抑えておけば値引いてくれる可能性もあるのです。…

    値引き交渉

    続きを読む

  • 「建売条件付宅地」とは?

    分譲住宅を探していると、「建売条件付宅地」という文言の記述がある場合があります。もし購入を視野に入れた物件にこの建売条件付宅地という記載があったら、その条件や内容を…

    分譲住宅

    続きを読む

TOP