住宅

同じ新築でも注文住宅と分譲住宅は何が違う?それぞれの特徴とは?

分譲住宅は値引きできる?

値引き交渉

分譲住宅は、注文住宅と違って値引きできないと感じている人も少なくありません。
しかし、ポイントを抑えておけば値引いてくれる可能性もあるのです。

値引きができるかどうかは物件による

例えば、売れ残っている物件であれば値引きに応じてくれる可能性が高いですが、
問い合わせが多い物件は値下げしてくれません。
需要と供給によっても同じような物件の値引き額に差が出ることもあります。
売れ残っている物件や、不景気で家があまり売れない時期などは、値引きしてもらえる可能性が高いと言えます。

値引き交渉をするタイミング

値引き交渉を成功させるためには、タイミングとコツを把握しておかなければなりません。
値引き交渉するタイミングとしては、契約前が絶対条件です。
購入申し込みの時点で、希望する購入価格を伝えておくのも方法です。
また、分譲住宅の場合、口頭による値引き交渉ではなく、購入申込書に希望金額を書いて提出することで交渉を行うことになります。
そのため、値下げを条件に契約するという意思表示ができれば、価格交渉に応じてもらえるでしょう。

値下げ交渉のコツ

例え売れ残りや不景気であっても、200万や300万も値引く業者はいません。
端数を交渉したり、100万以下の値引きならば成功する可能性が高いでしょう。

新着情報一覧

  • 分譲住宅は値引きできる?

    分譲住宅は、注文住宅と違って値引きできないと感じている人も少なくありません。しかし、ポイントを抑えておけば値引いてくれる可能性もあるのです。…

    値引き交渉

    続きを読む

  • 「建売条件付宅地」とは?

    分譲住宅を探していると、「建売条件付宅地」という文言の記述がある場合があります。もし購入を視野に入れた物件にこの建売条件付宅地という記載があったら、その条件や内容を…

    分譲住宅

    続きを読む

TOP