住宅

同じ新築でも注文住宅と分譲住宅は何が違う?それぞれの特徴とは?

分譲住宅はなぜ注文住宅よりも安いのか?

家の模型と電卓

分譲住宅は、注文住宅よりも価格が安いというメリットがあります。しかし、何故安く済むのでしょうか?注文住宅と比較して分譲住宅が安く済む理由を紹介していきます。

土地を安く仕入れることができる

分譲住宅の場合、不動産会社や住宅メーカーが土地を仕入れ、建築し販売するという流れが
一般的です。
特に分譲住宅の場合は個人で土地を購入するよりもまとめて購入しているためは安く入手できるのです。
一般の人が買う坪単価よりも安く仕入れることができる上、立地の良いところという特徴も
あります。

注文住宅の際にかかる費用をカットできる

注文住宅であれば、打ち合わせや設計などを購入者と相談する必要があり、着工までに時間も手間もかかります。
しかし、分譲住宅であればその際にかかるコストや人件費がそのままカットできるのです。

建築コスト削減によるもの

分譲住宅が安い理由として、安く建てようとしているという事実も知っておきましょう。
特に分譲住宅は、一度にたくさんの家を建てることで材料の仕入れや人件費などを抑えることができます。
これ以外にも構造材や内装、水回り、空調などの様々な工程においてコストカットしている可能性が高いのです。
だからといって欠陥住宅というわけではありません。ただ、安くて良い家を見極める必要があるでしょう。

新着情報一覧

  • 分譲住宅は値引きできる?

    分譲住宅は、注文住宅と違って値引きできないと感じている人も少なくありません。しかし、ポイントを抑えておけば値引いてくれる可能性もあるのです。…

    値引き交渉

    続きを読む

  • 「建売条件付宅地」とは?

    分譲住宅を探していると、「建売条件付宅地」という文言の記述がある場合があります。もし購入を視野に入れた物件にこの建売条件付宅地という記載があったら、その条件や内容を…

    分譲住宅

    続きを読む

TOP