住宅

同じ新築でも注文住宅と分譲住宅は何が違う?それぞれの特徴とは?

同じ新築でも大きな違いが!注文住宅と分譲住宅

新築一戸建てを検討されている方の中には、注文住宅を建てようか、それとも分譲住宅にしようか迷われている方もいらっしゃるかと思います。
注文住宅と分譲住宅の違いと言えば、やはりコスト面が挙げられますが、それ以外にはどんな違いがみられるのでしょう?
今回は注文住宅と分譲住宅におけるそれぞれの特徴についてご紹介していきます。

注文住宅の特徴

新築一戸建てというと、注文住宅を思い浮かべる方も多いでしょう。
注文住宅は大手ハウスメーカーや建築事務所に依頼し、一から設計してもらって家を建ててもらいます。
土地がある場合はそこに家を建てれば良いのですが、土地がない場合だと土地購入から始める必要があります。

注文住宅の特徴としては、まず自分または家族のライフスタイルに合わせて家の設計を自由に決められるという点が挙げられます。
大手ハウスメーカーや建築事務所に依頼するものの、希望に合わせて設計を組んでもらえるので、間取りや設備はもちろん、細かい部分まで自分の
好きなようにすることができるのです。
その代わりコストも高くなりやすく、しかも土地がない場合は土地購入もしないといけません。
また、希望と現実との折り合いなどに時間がかかってしまい、設計の段階で何ヶ月もかかってしまうことが多いです。
そこから施工となるので1年以上要するケースもあるでしょう。

分譲住宅の特徴

分譲住宅というのは、土地と新築一戸建てがセットになって売られているものを言います。
一般的に、エリアの中で土地を区画に分け、住宅をいくつか建築してからセットで販売されます。
既に作り上がった家を購入することになるので自由度はないですが、既にできあがった家を内見することができるので、実際に生活すると
どうなるだろうというイメージは湧きやすくなります。
また、分譲住宅であれば近所の街並みも似ているような感じになるので、外観も整備されていることがほとんどです。

時間や手間がかけられないという方には分譲住宅はおすすめですが、やはりデメリットも存在します。
例えば、既に家はできあがっているので建築行程を見ることができません。
使っている建材や施工の流れなどがわからないので、もしかしたら手抜き施工をされている可能性も否定できないのです。
また、アレルギー体質を持っている方が家族にいると、使っている建材の中にアレルギー源となる物質があって、住みにくい家になってしまう
かもしれません。
こうしたリスクが分譲住宅にはあることを覚えておきましょう。

注文住宅と分譲住宅を選ぶには?

ここまでそれぞれの特徴をご紹介してきましたが、選ぼうとするとどちらにもメリット・デメリットがあるため、悩んでしまうことでしょう。
まず、土地を持っている場合はせっかくの土地を活かせるよう注文住宅にするべきです。
依頼をお願いしたい建築家やハウスメーカーがいるという場合も注文住宅を選んだ方が良いでしょう。
自分で一から決めるのは難しいので、間取りや設備などいくつかあるプランの中から選びたいという場合や、入居時期が決まっていて時間が
あまりないという場合は、分譲住宅から選んでみましょう。
このように、自分の条件に合った方法の中で選んでみるようにしてみてはいかがでしょうか?

なお、時間をかけて家を建てたいという方の中には、特に依頼したい建築事務所やハウスメーカーは特にないという方もいらっしゃるでしょう。
そういった方は注文住宅ではなくても建築条件付き土地を購入するという手もあります。
建築条件付き土地は、土地と注文住宅を同時に購入するという形になり、施工会社は決まってしまいますが、特にこだわりはないという方に
おすすめです。

しかし、結局のところどちらが自分に向いているのかよくわからないという方は、プロのスタッフにぜひ一度お尋ねください。
注文住宅と分譲住宅の良し悪しや、明石の新築一戸建てや土地のご相談までお気軽にお尋ねください。

新着情報一覧

  • 分譲住宅は値引きできる?

    分譲住宅は、注文住宅と違って値引きできないと感じている人も少なくありません。しかし、ポイントを抑えておけば値引いてくれる可能性もあるのです。…

    値引き交渉

    続きを読む

  • 「建売条件付宅地」とは?

    分譲住宅を探していると、「建売条件付宅地」という文言の記述がある場合があります。もし購入を視野に入れた物件にこの建売条件付宅地という記載があったら、その条件や内容を…

    分譲住宅

    続きを読む

オススメリンク

TOP